おおのやま だいりゅうきゅうかぐら
奥武山大琉球神楽
       てん         いわとびら
~天の岩戸開きの巻~

2017年6月25日(日)
沖縄県立武道館・アリーナ棟
[1公演]
開場 ⁄ 12:00 開演 ⁄ 12:30
[2公演]
開場 ⁄ 15:30 開演 ⁄ 16:00

大琉球神楽とは

神楽とは
神に奉納する神事芸能です。

「古事記」及び「日本書紀」の中に、神様(アマテラス)が岩の奥に隠れてしまった時、外に連れ出すために天の岩屋戸の前でもう一人の神様(アメノウズメノミコト)が踊りをみせたといわれる神話があり、それが神楽の起源だと一般に言われています。

つまり、神や祖先を祭る祭祀の中で、五穀豊穣•無病息災を祈る儀式として古くから舞いわれてきました。

沖縄にも日本古来の宗教「神道」のルーツと言われる神話があり、奥武山は霊験あらたかな神地のひとつとされています。

その神話をもとに、奥武山から世界平和の祈りと神話に込められた人々が忘れてはならない大切な教えを、魅力ある舞台を通じて発信していく事を大きな目的として、毎年選ばれた平和の使者(メインゲスト)を中心に、沖縄県内外の芸能で構成されたエンターテイメント創作大琉球神楽です。

出演者情報

平和の使者(メインゲスト)
沢田知可子

1987年「恋人と呼ばせて」でデビュー。1991年「会いたい」が130万枚を越える大ヒット。 オリコンシングルセールスでは87週にわたってチャートインし、全日本有線放送大賞受賞、NHK紅白歌合戦出場を果たす。 2000年には「21世紀に残したい泣ける名曲」として1位に選ばれる。 2003年「生きる力」をテーマにした「GIFT」が人間力大賞の厚生労働大臣奨励賞を受賞。 2016年に長岡花火大会で、「空を見上げてごらん」が「米百俵100連発花火」とのコラボレーションで大きな話題を呼んだ。
夫でピアニストの小野澤篤との「歌セラピーコンサート」や、杉山清貴・辛島美登里・中西保志・中西圭三とのジョインコンサートなど、現在も精力的に活動中!
2017年6月デビュー30周年記念アルバム「BEST&COVER」をユニバーサルミュージックより発表。

大田 礼子
–舞踊家–


玉城流玉扇会師範。
沖縄県伝承者認定。
振付家として創作舞踊、ジャンルを超えたエンターテイメントな舞台の演出も手掛ける。
県内外、海外50カ国で公演フィットネスインストラクターとしても活動をしており琉球舞踊とフィットネスを融合した「琉球ビクス」を考案し商標登録されている。

伊佐 まり依
–バレエ–


琉球インターナショナルバレエスクール代表。
10歳よりクラシックバレエを習い始め、18歳の時、第1回全日本バレエコンクール沖縄県代表となる。
その後ヨガ、アロマテラピストなど資格取得し、その経験を活かし、バレエ&ヨガのインストラクターとして指導にあたる。


Izumi
–ベリーダンサー/ベリーダンス・インストラクター–

横浜にてIzumi Oriental Dance Studio主宰。
幼少より踊りを学び、TV・舞台等で活躍した後、ベリーダンスを小松芳に師事。「誰でも踊れるようになる」をモットーに、2007年に横浜校を開校。札幌校、名古屋校も立ち上げ、幅広い層へのベリーダンスの普及に力を注いでいる。日本ベリーダンス連盟理事、韓国ワールドベリーダンスコンベンション日本人特別審査員東京国際ベリーダンスコンペティション審査員。

島 幸子

–唄者–

テリー重田

–サックス奏者–

与那覇 歩

–島唄・三線–


古武道太鼓集団
風之舞
–創作エイサー–


沖宮旗頭保存会
–旗頭–

由絃會
–唄・三線–

慶良間太鼓同志会
–和太鼓–

ニヌファ太鼓

–創作エイサー–

鼓・昂龍

–創作エイサー–

coi-na
–沖縄民謡・古謡–


天行健中国武術館
–太極拳–


熊澤 南水
–語り部–

1941年東京生まれ。子育て一段落後の40歳の時、一念発起し舞台朗読の道を歩く。三上左京氏の指導の下、樋口一葉作品を中心に、全国各地に「南水ひとり語り」として行脚、公演活動をしている。1991年より、連続訪沖、テンブス館での定期公演の他、2006年国立劇場おきなわにて、「猩々乱」を語る。1991年日本文化振興会より「国際芸術文化賞」。2010年「下町人間庶民文化賞」

日出克
–音楽監修–


八重山竹富島生まれ。
アジア的音色を持つ太古ギターとの出会いが沖縄の伝統音楽のエッセンスと現代音楽のスケール感を融合させた独自のサウンドを確立。 1993年デビュー曲「ミルクムナリ」を発表、沖縄県内で大ヒットを記録。県内外、海外にも広く知れ渡る。 現在、沖縄を代表するミュージシャンの一人として、また、プロデューサーとして幅広く活動。

安田辰也
–総合演出–


1975年生まれ。
1998年、スウェーデンサーカスからスカウトされ、ピエロとして世界ツアーに参加。
現在、演出家として県内外において数々の舞台を手がけている。



チケット販売

[入場料]
指定席/3,500円
自由席/3,000円

チケットは、沖宮社務所(098-857-3293)にて販売しております。
沖宮ホームページはこちらから>>

または、
070-5279-3436
070-5484-9952
までお問い合わせ下さい。

*デジタルチケット販売は、下記ページで承ります。

沖縄県立武道館アリーナ棟 全体座席図

デジタルチケット販売

大琉球神楽公式サイトではデジタルチケット(QRコード認証)販売を行っております。

「LivePocket-Ticket-」はエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社が提供する会員制ソーシャルチケットサービスです。
本サービスにご入会いただく必要があります。FaceBookやMixi,TwitterなどのSNSやYahoo IDでの登録、ログインが可能になっています。
またお支払い方法もクレジットカード・コンビニエンスストアでのお支払いに加え、各携帯電話キャリア月々の利用料金の請求にてのお支払いでも可能になっています。
ご購入は会員登録後、「PC」・「スマートフォン」はもちろん「フューチャーホン(ガラケー)」での登録、ご購入もOKです。

当日スマートフィン・携帯電話でお申し込みの方は発行されますQRコードを会場受付にてご提示下さい。
※PCでのお申し込みの方は該当ページをプリントアウトの上お持ち下さい。
LivePocket-Ticket-詳しくはこちらから>>

LivePocket について よくある質問はこちらから
http://t.livepocket.jp/help/faq

【Q】会員登録しないでも申し込みできますか?
【A】ご予約にはLivePocket -Ticket-への登録が必要となります。
新規会員登録はこちらから>>

【Q】予約・注文した内容のキャンセル・変更はできますか?
【A】お客様のご都合によるキャンセル・変更のご希望は、一切お受けいたしかねます。ご予約・ご注文の際は、十分にご確認の上、お申し込みください。

【Q】スマホチケットを友達に渡すにはどうすればいいですか?
【A】「マイチケット一覧」から、友達に渡したいチケットの「友達におくる」ボタンをクリックします。
「チケット受け渡しメール」が開きますので、メッセージを入力して渡したい方にメールを送信してください。 詳しくはこちらから>>

【Q】予約メールが届きません。
【A】キャリアメールをご利用の方は、「@livepocket.jp」を受信できるように、ドメイン指定受信設定を行って下さい。メールの設定方法については、各キャリアにお問い合わせください。LivePocket-Ticket-ではお答えできません。また、Gmail、Yahoo!メールなどPCメールをご利用の方は、迷惑メールフォルダ内もご確認ください。
また、ご登録いただいたメールアドレスが間違っていないか、有効であるかもご確認ください。


公演当日

カンタン!スムーズ!にご入場いただけます!

♦「デジタルチケット」なら、当日のチケット引き取りに並ぶ必要はなく、そのまま入場ゲートでQRコードをかざすだけでご入場いただけます。

♦チケット詳細画面には、イベント名/開催日時/整理番号 または座席番号が記載されています。この画面を印刷または、お手持ちのスマートフォンに表示して、お持ちください。

♦同伴者がいる場合は?購入者、同伴者それぞれからのチケットのご提示が必要です。お持ちのチケットを同伴者に渡すには「チケットを友達にわたす>>」をご確認ください

会場のご案内

6/25(日)
[1公演] 開場12:00 開演12:30
[2公演] 開場15:30 開演16:00

沖縄県立武道館アリーナ棟 〒900-0026 沖縄県那覇市奥武山町52

お問合せ

奥武山大琉球神楽についてのお問合せは以下のフォームよりお寄せください。:

特別協力

衣装協力

後  援

沖縄県、那覇市、那覇市観光協会、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、他